CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
PR
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
やや成長。
0
    今日はこちら。
    ちょっと成長しました。

    アジアアロワナの続きです。
    うろこが難しいです。
    一筆書きで作ろうと思うと形がいびつになります。
    全部のうろこが同じようにいびつになるので、そのパターンを維持でいれば、これはこれで規則性が出るかなとも思います。
    とりあえず、我慢。

    後ろから。

    いま3分の1くらいです。

    現在20センチ強。

    6〜70センチになる思います。
    だいたい予定通りの大きさで進んでます。
    | - | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    ダトニオ。
    0
      今日はこちら。
      ピンズにしようかなと思っています。

      ダトニオ。
      正式にはダト二オイデス。
      熱帯魚です。東南アジアの淡水〜汽水に棲んでます。
      ハンダ付け、彩色は後日。

      ピンズというと小さいイメージがありますが、けっこうな大きさになります。

      最初の画像のものが5.5センチ、こちらが6センチ。
      裏側の横線は針を付けるためのものです。

      ダトニオは黄色や銀色の体に黒の線。6本線が一般的だそうです。
      パッと見、海水魚のイシダイに似てます。
      ですが、形はなんというか、もっと鋭利な三角。
      アカメの方が近い気がします。
      黄色い身体に黒い線なので「タイガーフィッシュ」の異名を持ってます。

      とりあえず2匹。

      もうちょっと肉厚に作りたい気がします。
      次は意識して、もっと分厚く、よりタイガーな感じで作りたいと思います。
      | - | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      直径2ミリ。
      0
        今日はこちら。
        直径3ミリでは大きくなりすぎるので、直径2ミリで制作開始。

        アジアアロワナ。

        2ミリが主線で、結束は1ミリ。
        いつものこの作り方の場合は主線が3ミリ、結束が1ミリ。

        主線に対して結束が太いのですが、1ミリ以下のアルミでは弱すぎるのでいつも通り1ミリを使用。

        ステンレス線の0.5ミリを使う手もあるのですが、それにはアルミ線の2ミリは柔らかすぎるので、やや太いのですが1ミリのアルミでいきます。

        結束が目立つ気もしますが、まあ仕方ないのです。

        主線が3ミリのときに比べて、半分以下(3分の1ちかいかも)のサイズでできてます。

        珍しく予定通りの大きさでできてます。
        | - | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        ざっくりと。
        0
          今日は休んでいるので制作もざっくりと。
          布団の中でできる程度で。

          ディスカス。
          針金の地色とレジン一色で彩色する感じです。
          ステンレス線自体に着色してから(塗るとか炙るとか)作るとどうなるのかな、などとも思いながら制作。
          バーナーで炙るならチタンを使いたいところですが。
          とらえず、しっかり治してからいろいろと。
          | - | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          真冬のシャウト。
          0
            とりあえず、周りでは大流行なのです。

            この冬一番の流行語。
            みんなで思いっきりシャウトしましょう。
            | - | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            | 1/505PAGES | >>