トチカガミの上に。
0
    今日はこちら。
    兼用ではなく、かんざしです。

    トチカガミの上にカエル。
    トチカガミは水草です。

    表面がつるっとして光沢がある水草です。

    漢字で書くと鼈鏡。難しい字なのです。
    鼈はスッポンのこと。
    スッポンの使う鏡というかわいらしいイメージで名づけられています。

    葉は水面に浮いています。

    カエルが乗ることもあるかもしれません。
    スッポンの鏡にカエルが乗っかっている。
    何とも日本昔話なかんざしなのです。
    | - | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    四角尽くし。3
    0
      今日はこちら。
      四角尽くし、その3。





      わりと控えめな四角尽くしにしてみました。

      来週の土曜日、長久手市文化の家で「創造スタッフ クリスマスコンサート ふゆねずみと長い夜」が開催されます。
      紙芝居と朗読とコンサートを混ぜたような「観るコンサート」です。
      入場無料ですが、整理券が必要です。
      整理券は長久手市文化の家で配布してます。
      興味のあるかたは長久手市文化の家ホームページをご覧ください。
      こちらもどうぞよろしくお願いします。
      | - | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      円尽くし。
      0
        今日はこちら。
        円のモチーフで。

        円尽くし。
        カエルのいる面が円でいっぱいで、かんざし部分の上にも円なのです。
        ちょっとやりすぎたかな・・と、言う気がしないでもないのです。

        いつも通り、湾曲させています。

        全体的に曲線で、ちょっとくらい直線がほしかった気がします。
        カエルも曲線でできていますし。

        まあ、これはこれで。

        帯につけると帯の上にも円がきます。
        円尽くし。
        何かのご縁に恵まれるかもしれません。
        | - | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        四角尽くし。2
        0
          四角尽くし。
          今回は横長。

          帯につけるとこんな感じ。

          今回は帯飾りよりもかんざしに重点を置いてます。
          かんざし部分は平行の波線です。

          ひょうたん型になる方とこちらと、どちらが髪につけやすくて、どちらが髪から落ちにくいのでしょう?
          これも一度、試してみないといけないことなのです。
          見た目には、幾何形体を作った際には平行の波線の方が形が際立って良いかなと思っています。

          髪につけるとこうなるのかと。

          ◇四角◇四角がつながって、パラパラと降る雲母片や、長く吊り下がった華鬘(けまん・お寺の梁にぶら下がっているやつです)のようなイメージになりました。
          | - | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          水紋。
          0
            今日はこちら。
            使いにくそうな兼用シリーズ。

            水面に泳ぐカエル。

            水紋の下にカエルがいます。

            水面と水中の両方が作られているわけなのです。

            ただ、面の下にカエルが出ているので、ちょっと気を付けて使わないといけない一品なのです。

            カエルが水面の下にいるので、髪に接する面が平らではないのです。
            手足が出ているので、付けはずしの際に、ちょっと気を付けて、髪をひっかけないようにしないといけません。

            道具としてちょっとどうかなと思うのですが、やはり水紋の下にカエルをつけたかったので、作ってみました。
            ある程度、湾曲を強くしてあるので髪には当たりにくいとは思うのですが、使ってみないことにはわからないのが現状です。

            かんざしとしてはやや心配ですが、帯飾りとしては特に問題なく使えると思います。

            模様としてはきれいなのですが、実際に使えるかはやや疑問な、使いにくそうな作品なのです。すみません。
            | - | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            | 1/424PAGES | >>